« 2016.12.12 宮古市 | トップページ | 2017.2.4 岩手県立博物館・企画展と植物園 »

2016.12.26 沿岸北部

8月30日の台風により、河川が氾濫し多くの家屋が被害にあいましたが、同時に多くの生物の生態系にも被害がでています

まだまだ被害後からの復旧が手つかずの家屋も多く、悲しくなりますが、今日は川沿いに依存して生き延びているチョウセンアカシジミの状況確認調査に同行しました

やはり、河川敷等のトネリコはほとんどが流され、倒され、見る影もありません・・・
 かろうじて水の着かなかった高い場所に残されたトネリコ、また、大木となって流れに耐えた木、それがこれから何年という歳月で再生しながらチョウセンアカシジミも復活していくことを願います

201612261

201612262

201612263

201612264

201612265


|

« 2016.12.12 宮古市 | トップページ | 2017.2.4 岩手県立博物館・企画展と植物園 »

チョウセンアカシジミ(および会の活動)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016.12.12 宮古市 | トップページ | 2017.2.4 岩手県立博物館・企画展と植物園 »