« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011.8.27 花巻市胡四王 釜石線

ヒメアカタテハ

2011827himeaktatehab

オツネントンボ

2011827otsunentonbob

| | コメント (0)

2011.8.19 花巻市胡四王山

ガの仲間

2011819gab

アカハナカミキリ

2011819akahanakamikirib

ベッコウハゴロモ

2011819bekkouhagoromob

チャイロスズメバチ

2011819chairosuzumebachiib

カマキリ

2011819kamakirib

ツバメシジミ

2011819tsubameshijimib

ヤマトシジミ

2011819yamatoshijimib

| | コメント (0)

2011.8.11 花巻市大迫町向山

コジャノメ

2011811kojyanomeb

スジグロチャバネセセリ

2011811sujigurocyabane1b

2011811sujgurocyabane2b

ダイミョウセセリ

2011811daimyouseserib

空蝉

2011811utsusemib

| | コメント (0)

2011.8.10 花巻市胡四王山

今日は花巻であちこち撮影。
渇水でイギリス海岸がだいぶ出たとのことで早朝からいってみたが残念ながらおとといと変らず。
正午にサイレンが鳴り響いた。今日は花巻が空襲を受けた日だとの事。合掌

花巻での撮影を終え、胡四王山を散策

ウグイスカグラの葉裏に見つけたのは、イチモンジチョウのさなぎ
さなぎになったばかりなのか、翅のあたりが光に透けて見える
(なんとなく抜け殻のような気もしてきました、今度行ったら確認します)
2011810_ichimonjisanagi

ヒヨドリバナで一休み。メスグロヒョウモンのメス
2011810_mesuguromesu

カタクリの池では、モノサシトンボが産卵中。
となりの夫婦と一緒に並んで少しづつ進みながら産卵
2011810_monosashitonbo

昼行性のガが見られた
ヒヨドリバナにはイカリモンガ
2011810_ikarimonga

こちらはシロツバメエダシャク
2011810_shirotsubameedasyaku

オトコエシのつぼみの下にいたガが、つぼみの上に出てきたなんと美しい翅。
触覚もとてもかわいらしく、ポケモンにでも出てきそうな姿
ヒロオビヒゲナガ。つぼみの下で産卵していたのかもしれない
2011810_hiroobihigenaga

そのオトコエシにやってきた、おもしろい姿のアブ
ニトベハラボソツリアブ。姿はだいぶ違うが、ビロードツリアブと同じ仲間
2011810_nitobeharabosotsuriabu

| | コメント (0)

2011.8.8 花巻市イギリス海岸川岸

宮沢賢治が名付けた北上川にある「イギリス海岸」によってみると、今日は北上川の水も澄んでいて水量も少ない。
やはり水の下だが、しっかり見えて美しかった

その川岸に生い茂った柳の葉に飛んできたのは、なんとアサマイチモンジ。
 奥州市以外では初めて見た。
イチモンジチョウより飛び方がゆるやかだった
201188_asamaitimonji

河畔の胡桃の木では、ツクツクボウシやアブラゼミが元気に鳴いている。
 たしか今日は立秋。
暦の上で、暑さのピークだそうで、まさにその通り、34℃ほどあるだろう。
今日までが暑中見舞いで、明日からは残暑見舞いになるそうだ
201188_aburazemi

| | コメント (0)

2011.8.3 岩手県立博物館植物園

リョウブだろうか、白い花が満開で、あたりに強い蜜の香りを漂わせていた。
その花にはたくさんの虫たちが訪れていた。蜂の仲間やアブの仲間も多いが、
チョウたちもいろいろ

高い場所にいたアカタテハを撮ろうとしたが、飛び去ったあと戻ってこない
近くで吸蜜していたのはベニシジミ
201183_benishijimi

数が多いのはウラギンスジヒョウモン
201183_uraginsuji

てっぺんで吸蜜していたジャコウアゲハ
201183_jyakouageha

一瞬、吸蜜していたスキバホウジャク。すごいスピードで飛び去り、戻ってこない
201183_sukibahoujyaku

キバネセセリは、いつまでもあっちへこっちへ移動しながら吸蜜していた
201183_kibaneseseri

| | コメント (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »