« 07.6.23 前沢区 | トップページ | 07.6.26 花巻市 »

07.6.24 前沢区

今、一番目に付くのがスジグロシロチョウ、モンシロチョウ、そして、このヒメウラナミジャノメだろうか。
どこを歩いても、チラチラと飛び出してくる
07624himeuranami_1

スジグロとモンシロは、住み分けをしているといわれているが、その住み分けは、モンシロが畑や庭、スジグロがその周りの山間地となっている。
しかし、前沢では、畑の環境によっても、だいぶ違うようだ。
家の直ぐ前の畑ではスジグロがほとんどで、裏の森が近い畑ではモンシロがほとんど。
図鑑の知識では逆のように思っていたが、実際にはもっと複雑らしい
07624monshiro

裏の森で見つけた虫達。
葉の上で、顔の掃除をしていたのは、トホシテントウ
07624tohoshitentou

トホシテントウを撮っていると、目の前に、ちいさなハネカクシが飛んで来た。
隠す前の翅が光っている
07624hanekakushi

葉にしがみつき、お食事中のオジロアシナガゾウムシ。
遠くから見ると、鳥のフンにしか見えないでしょう
07624ojiroahinagazou


こちらが鳥のフン。
虫にとっっての一番の敵「鳥」から身を守るには、そのフンに擬体というのは、まさに「進化」のなせる技。
生き残りの結果ですね。すごい
07624torinohun

夕方の日差しを浴びて、元気に飛びまわっていたキタテハ。
でも、ほかに縄張りをおびやかすタテハも見当たらない。なんださびしそう・・・
07624kitateha

ルリシジミのメスは羽化したばかりなのか。
ほかに飛んでいたものより、二周りは大きいだろうか。夏型ということかな
07624rurishijimimesu

|

« 07.6.23 前沢区 | トップページ | 07.6.26 花巻市 »

「いわての里山日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 07.6.23 前沢区 | トップページ | 07.6.26 花巻市 »