« 2006年8月 | トップページ | 2007年3月 »

2006年9月

06.9.30 奥州市前沢区

06930kokamakiri
たんぼのあぜ道にいたのはコカマキリ。すっかり秋です。

 

| | コメント (4)

06.9.30

06930hagurohabachi1
イタドリの葉裏にへんな格好をした虫がいる!と、7歳の娘が教えてくれたので、見てみると。
ハグロハバチの幼虫ですね。
「蜂の子供だよ」と教えると、「ニャッキ」だ!と大喜び。
NHKでやっていた番組の虫に似ているんですね。
早速飼いたいといって、大事そうに持ち帰りました。

 

| | コメント (0)

06.9.30

06930hagurohabachi2
こちらは三匹そろって丸まってます。

 

| | コメント (0)

06.9.30

06930hagurohabachi3
丸まっていないのはいないかと探したら、いました。
葉影で一休み?

 

| | コメント (2)

06.9.30

06930inago
黄金色のたんぼに、たくさんのイナゴの夫婦を見た。 
その午後、あっという間にコンバインで稲は刈られていた・・・。

| | コメント (0)

06.9.30

06930jyakouageha1
野焼きの終わった土手を見ると、まだ小さいが馬の鈴草があちこちに伸びはじめていた。
心配していたジャコウアゲハは、どうなったろう。
しばらく探すと、ちいさな幼虫がとまっていた。
数は少ないが、なんとか生き延びていて、ホッとした。

 

| | コメント (2)

06.9.30

06930jyakouageha2
終齢幼虫もところどころで発見。
よく、あの野焼きを生き抜いたね。がんばれ!

 

| | コメント (0)

06.9.15 洋野町

祝! 170,000km !
出張していた洋野町(種市と大野が合併してできた新しい町)の峠で、愛車のオンボロJeepが、めでたく170,000kmに!
あと何キロ走ってくれるのかなー。目指せ200,000km!!!
06915170000

 

| | コメント (0)

06.9.14 花巻市宮沢賢治記念館の森

06914bekkouhgoromo
ベッコウハゴロモ
クズによくとまっているベッコウハゴロモ。
カメラを向けると、ゆっくりと向こう側へ隠れてしまう。
でも、逃げるわけでも無し、のんびりと食事を続ける。

| | コメント (0)

06.9.14

モノサシトンボ
イトトンボの結婚は、いつも「ハート」が目印し。
二人の息をぴったり合わせないとうまくいかない・・・
06914monosashitonbo

| | コメント (0)

06.9.14

オオルリボシヤンマ
秋の夕日に翅を光らせて、悠々と飛ぶ。
06914ohruriboshiyanma

| | コメント (2)

06.9.14

蝉の声にかわり、あたりはすっかりコオロギやバッタの鳴く声に・・・
アメンボのつくる波紋も、どこかゆるやかになった気がする
06914amenbo

| | コメント (0)

06.9.12 花巻市宮沢賢治記念館の森

すっかり秋。
でも、こんな枯葉のような蛾を見ると、「冬」ももうすぐだなー、と感じます。
あと2ケ月で雪ですね。
06912ga1

| | コメント (0)

06.9.12


小さな黒い点。よく見ると、小さなオトシブミの仲間。
葉っぱの表面をこそげるように食べている。ちょっと美味しそう・・・
06912otoshibumi

| | コメント (0)

06.9.12

小さなクモ
小さな葉っぱの上に巣を張って、じっとしている小さなクモ。
それで獲物が捕まえられるのかな?
それとも、もう、なにもしないでじっとしているだけなのかな?
どんな顔をしているのかな?
06912kumo1

| | コメント (0)

06.9.12


小さなクモ
そっと、下からのぞいて見ました。なんと美しくかわいらしい・・・。
06912kumo2

| | コメント (0)

06.9.12

イチモンジセセリ
宮沢賢治の設計した日時計花壇には、手入れされた花達が咲き乱れたいた。
キッと空を見上げていたのは、南からの使者、イチモンジセセリ。
しっかり北を見つめていた。
06912ichimonjiseseri

| | コメント (0)

06.9.12

ツユムシ
緑の中に緑の葉。そして緑のツユムシ。
ツユムシって梅雨虫なのか?露虫なのか?
06912tusyumushi

| | コメント (0)

06.9.12

06912batttax2
2匹のバッタ
似てる? 似ていない? 同じようで、違う・・・。虫たちって不思議。

| | コメント (0)

06.9.12

06912yamatoshiriage
ヤマトシリアゲ
凛としたご夫人は、ヤマトシリアゲのメス。
そのお口で何を狙うのか・・・。

| | コメント (2)

06.9.12

06912tsubameshijimi
ツバメシジミ
メドハギの茂った土手には、キチョウとツバメシジミがたくさん飛んでいた。
ツバメシジミはほとんどがメスで、驚くほど小さい。
暖かい時期に育ったはずなのに、なぜだろう。

| | コメント (0)

06.9.12

06912ga2
蛾の仲間
アジサイの葉裏に、ぴったりと張り付いたオレンジ色の蛾。
始めは枯れ葉がくっついていると思って通り過ぎたが、帰り道に気が付いた。
お見事。

| | コメント (0)

06.9.10 奥州市前沢区

06910jyakouageha
ジャコウアゲハ
どんどん増えていたジャコウアゲハのいた土手が、すっかり草刈りされて燃やされてしまった。
ほとんど消滅だろうが、庭の花には、数頭のジャコウアゲハのオスとメスがやってくる。なんとか絶滅はのがれたようだ。

| | コメント (2)

06.9.10

06910kiageha
キアゲハ
稲刈り間近のたんぼを素早く飛んで行ったキアゲハ。
何枚ものたんぼを越えて見えなくなった。どこまでいくのか。

| | コメント (0)

06.9.10

06910ohchabaneseseri
オオチャバネセセリ
忙しく蜜をすするのはオオチャバネセセリ。相変わらずせわしいです。

| | コメント (0)

06.9.10

06910shoryobatta
ショウリョウバッタ
「キシキシッ」と音をたてて飛んできて、萩の中に隠れたのは、ショウリョウバッタのオス。
メスとの大きさがずいぶん違うけれど、がんばってお嫁さんを探して下さい。

| | コメント (0)

06.9.10

06910kamakiri
カマキリ
秋ですね。まだ子どもですが、一人前に待ち伏せです。

| | コメント (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2007年3月 »