« 2002.7.16 前沢町 | トップページ | 2002.7.18 雫石町 »

2002.7.17 宮古市

尾形さんと宮古市にあるチョウセンアカシジミの生息地を見回ったあと高原にヒョウモンチョウを見に行ってきた。もう発生のピークを過ぎているようで、花に集まっている様子はなく、ひらひらと下草の中を縫うように飛んでいた。

なんとなくはねの丸みが強いのでコヒョウモンのような感じだが、尾形さんに聞いたところ「イワテヒョウモン」とよんでいて、ヒョウモンチョウの亜種となっているようだ

717hyoumon



同じ高原にハンゴンソウがあり、その茎をかじっているカミキリがいた。ミチノクケマダラカミキリというらしい。ミチノクとついているぐらいだから、東北(岩手?)の特産種なのだろうか

717mitinokukemadara



ミズナラの林を歩いていると、風倒木におおきなマスダケという茸がついていた。その茸にはたくさんのハネカクシが集まっていて、なめるようにキノコを食べていた。うつくしいはねから見ると、ルリコガシラハネカクシだろう

717rurikogashirahane



美しいタマムシの仲間。小さいけれどとってもきれい!

717tamamushinonakama

|

« 2002.7.16 前沢町 | トップページ | 2002.7.18 雫石町 »

チョウセンアカシジミ(および会の活動)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2002.7.16 前沢町 | トップページ | 2002.7.18 雫石町 »