« 2002.6.25 雫石町 | トップページ | 2002.6.27 安代町 »

2002.6.26 軽米町

県北部の軽米町にきた。取材のかえりに毎年何度か訪れる木炭をつくっている家を訪ねた。木炭をつくるために薪がたくさん積んであり、この時期になるとカミキリムシやタマムシなどが集まるのでとても楽しい。今日は時間が遅かったせいかトラカミキリなどは見られなかったが、まず見つけたのはアカハネムシだ。幼虫は朽ち木の樹皮の下にいて朽ち木を食べる。ベニボタルに非常ににているが、頭(頭部)の大きさが違うので区別できる

626akahane


5mmほどの小さな甲虫がいた。図鑑でみるとデオキノコムシの仲間のようだが、はっきりとは同定できなかった。後日報告します

626deokinoko


きらりと光る、美しいカミキリがいた。ハンノアオカミキリのメスが産卵している。樹皮のはがれたところを噛んでいたが、くるりと反対を向き、産卵をはじめた。色がうすいのはメスのせいか?以前みた個体は緑色がもっと濃く宝石のようだった

626hannoao

|

« 2002.6.25 雫石町 | トップページ | 2002.6.27 安代町 »

いわての里山日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2002.6.25 雫石町 | トップページ | 2002.6.27 安代町 »