« 2002.5.28 前沢町 | トップページ | 2002.5.30 雫石町 »

2002.5.29 宮古市田代

イタドリにゾウムシがいた。カツオゾウムシかな?かなり普通に見られる種類なので気にもとめていなかったが、カツオというのは「かつお節」のことなのか?

どうしても生きている「かつお」には見えない。図鑑の標本写真はグレーで「かつお」っぽいかな、とも思うが・・・‥?

529katuozou


イタドリには、やはりイタドリハムシでしょう。5月の中旬から出ていたが、今は数が減ってきたようだ。この個体はイタドリの葉から葉へ飛び回っているものとは違い、ひとまわり大きくて模様も違う。おそらくメスだろう。イタドリの葉を無心?に食べていた

529itadorihamushi


チョウセンアカシジミの幼虫が巣の中でアリと共生しています。だいたいがトビイロケアリ(約5mm)のようです
枝先にぶら下がった終齢幼虫の巣の状態

529chouaka1_2

その中では・・・
隙間から見ると、幼虫のお尻の辺りを触角でツンツン刺激して蜜をおねだりしている様子が見られます

529chouaka2_2

すると、幼虫は蜜腺からコンマ数ミリ(もっと小さいかも!)ですが蜜の雫を出します

529chouaka3

すぐにアリが飲み込みます!

529chouaka4_2

|

« 2002.5.28 前沢町 | トップページ | 2002.5.30 雫石町 »

チョウセンアカシジミ(および会の活動)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2002.5.28 前沢町 | トップページ | 2002.5.30 雫石町 »